手錠を使用した責め方、責められ方が分からない場合は?

未分類
ivanovgood / Pixabay

何らかの犯罪をした時にお世話になるのが手錠ですが、それ以外の場面でも手錠が使われる事があります。
風俗店はその典型的な場所だと言えます。
責め方や責められ方が分からないという女の子が多いでしょう。

そういった場合、どのように対処するかという事がとても大切です。
ここでの考え方は手錠以外のアイテムを使った場合でも応用ができます。
自分なりにやるのも良いですが、時にはプレイの相手に委ねるという事も大切になります。

お客さんに全てお任せする

手錠手錠を使った責め方、責められ方についてですが、まず1つは拘束プレイに使用するというものです。
目隠しであるとか足枷など、そういった物と組み合わせる形で手錠が用いられる事があります。
皆さんが一方的に受け身になる事が多いですから、ある意味で楽なプレイという見方もできます。

ただ、お客さんの好みによっては、嫌がる素振りを見せなくてはいけなくなってしまう場合もありますから、それなりの演技力も必要になってくるでしょう。
もう1つのパターンとして多いのは、イメクラで警察官役を演じるというものです。
皆さんが逮捕する側か、それともされる側かは分りませんが、その何れかのポジションで頑張るという形になるでしょう。
本物の手錠と比較すると幾らか安っぽい感じは否めませんが、それでも本物を元にして作製されていますから、それなりのリアリティーはあります。

偽物だからといって冷めたりせずに、本物だという前提でプレイをする様にしてください。
以上が基本的なプレイの形ですが、自分自身がリードするのではなくて、お客さんにお任せしておくという事も考えておく様にしてください。
自分のやりたい事と、相手のやりたい事が別だったというケースは少なくありません。
相手が未経験に近い状態であればこちらがリードせざるを得ませんけど、それなりの経験者だと思われる場合は、全てお任せしてしまってもいいでしょう。

皆さんとしても余計な事を考えなくて済むので、その分だけ楽になります。
とにかく楽をせずに努力をする事が大切だと考えている女の子が多いですが、本当の意味で大切なのは、お客さんが満足するかどうかです。
皆さんがお客さんの性癖を熟知しているなら別に構いませんけど、そうでないなら相手の自由にやらせてあげる様にしてください。
普段の日常会話でもそうではないでしょうか?

喋りたい事を喋ってもらう方が、本人の満足度が向上する事が多いです。
皆さんに求められるのは、そういったお客さんに合わせることができる演技力でしょう。
手錠を使ったプレイを好むお客さんというのは、特定のシチュエーションに対するこだわりが強い場合が多いです。
その場に適したキャラクターを演じる事ができるかどうか…そちらの方に意識を集中する様にしてください。

相手が何をしたいかをいち早く感じ取るようにしましょう。
皆さんは、それに対して軽く合わせるようにしておくだけで十分です。

オモチャの手錠なので安心

手錠手錠を使う事になりますから、相手に悪用されてしまう事を心配する女の子もいるでしょう。
強盗事件の様になってしまったらどうしようか…といった所かも知れませんが、こういったプレイで使われる手錠の多くはプラスチック製のオモチャですから、実際の効果というのは非常に限定された物です。
一応は鍵がありますけど、思いっきり引っ張ってしまえば手錠の間の部分の鎖が簡単に壊れますから、実質的な意味での鍵の意味はありません
基本的にお店側が用意した手錠を使う事になりますが、もし、お客さんが持ち込んできた場合はかなり警戒しておいた方がいいでしょう。

本物の手錠かも知れないからです。
そんな時はしっかりお断りをしておきましょう。
そうしておかないと困った事態になってしまう可能性があります。
と言っても、大抵のお客さんは単に本格的なプレイをしたいというだけですから、大丈夫そうな相手であれば、そういった持ち込みを可能にしておいても構いません。

まとめ

ちょっとマニアックな楽しみ方をするお客さんだと、オプションで手錠を選択する事がよくあります。
この際の責め方、責められ方がよく分からないという女の子もいます。

基本的な考え方ですが、相手を拘束するための道具ですから、そういった拘束プレイの際に使われる事が多いです。
その他のパターンとしては、警察官になりきって楽しむようなイメクラプレイで使用される事もあります。
ある程度知識が備わっている女の子だと、そういった形でリードしてプレイが行われる事がありますが、お客さんに全てお任せしてしまうというのも1つのやり方だと言えます。
流れを自分で考えなくてもいいですから、この方が楽にプレイをする事ができるメリットがあります。

こういったプレイで使われる手錠はプラスチック製のオモチャが大半ですから、本当の意味で身動きが取れなくなるなんて事はありません。
万が一の際は壊して逃げ出すこともできますから、過剰に心配しなくても大丈夫です。

コメント