ボディタッチされたくないならメンズエステがオススメ!

未分類
silviarita / Pixabay

お客さんからどうしてもボディタッチされたくないなんて女の子もいるのではないでしょうか?
もしそうなら、メンズエステで働く事をお勧めしたいです。
こちらは、女の子側から触れる事はよくありますが、お客さんの側から触るという事はあまりありません。

ですから、比較的快適な状態で接客を行うことができます。
エステですから、自分にできるかなぁと不安に感じるかも知れませんが、高いレベルを求められてはいないので適応は十分に可能です。

一方的に施術をすることができる

マッサージ一般的な風俗の場合ですが、こちらは攻めと受けがプレイの最中に何度か入れ替わるのが普通です。
その方が飽きずに楽しむ事ができるなんて女の子もいるでしょうけど、お客さんから積極的に動く形になりますから、それが嫌だという女の子もいます。
かと言って、ベタベタ触らないで!と、お客さんに対して面と向かって言うわけにはいきません。
接客の仕事ですから、お客さんに嫌われるような発言はご法度になっています。

収入をそれなりに維持しつつ、お客さんから攻められる場面を減らすにはどうすればいいかという話になってきますが、ここでオススメしたいのがメンズエステです。
エステと聞くと風俗と関係ない様に感じられるでしょうけど、そんな事はありません。
これもまた立派な風俗の1ジャンルになっています。
ただ、風俗とは関係ない通常のエステの意味合いも含まれますから、お店探しの際は、その点について間違えてしまわない様にしてください。

性的なサービスを提供するエステ店ですから、肌をキレイにする要素はあまりありません
全くないという訳ではないですが、それはあくまでもオマケ的な物だと理解しておいてください。
通常のエステ店では、お客さんが台の上で横になって、それに対して施術をしていく形になる事が多いです。
こちらも、その点についてはよく似ていて、お客さんは横になっていて、皆さんが積極的に何かをしていくという形になるのが一般的です。

最近はマッサージのお店が随分増加してきています。
皆さんも利用された事があるのではないでしょうか?
雰囲気的にはそれとよく似ています。
普通にマッサージをするだけであれば施術する側は服を脱ぎませんが、こちらでは脱ぐ事が多くなっています。

ただ、オプションでオールヌードが用意されている事もありますから、その場合は基本的に服を着たままの状態で、お客さんの相手をする事になるでしょう。
最終的にどの様な形でお客さんを射精させるかですけど、ハンドマッサージ(手コキ)を行うのが一般的です。
これ以外の方法というのはほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。
口の中に精液が入ってくる事もないですから、性病の心配は全くと言っていい程ありません。

ボディタッチがないというだけでもかなり有り難いですが、それに加えて性的な接触そのものが少ないので、それに伴うリスクを負わずに働く事ができます。

多少はお客さんも触ってきます

胸プレイをする前に、店員さんからボディタッチはしない様にとお客さんに注意がされます。

ですから、その心配はかなり少ない訳ですが、絶対に触って来ないかと言えばそうでもありません。
お客さんもムラムラしていますから、幾らかは触られると覚悟しておいてください。
もっとも、指入れをしてくる訳ではないですから、そこまで大きな負担にならないでしょう。
これぐらいの事も嫌だという様では、接客をする上で困ってしまいます。

特に若い女の子に顕著ですが、ルールを厳格に守り過ぎてしまう面があります。
それはとても大切な事ですし、基本的にはその様にすべきですが、堅苦しくなり過ぎるとお客さんとの間に壁を作ってしまう事になります。
ある程度の事は許してあげる様にしてください。
それは皆さん自身のメリットにも繋がります。

あれもダメこれもダメという感じにすると楽ができそうに思えますが、結局はお客さんの指名が減るのでマイナスになってしまいます。

まとめ

お客さんからあまり触られずに、一方的に触る事ができるのがメンズエステです。

お客さんはベッドの上で寝た状態になっていて、それに対して施術をするという格好になります。
お客さんは受け身になっていますから、相手側から積極的に攻めてくるという事はほぼありません。
皆さんは決められた手順をこなしていくだけで仕事が成立します。
手取りはデリヘル等に比べると少なくなりますが、仕事の楽さを考慮すれば十分という見方もできるでしょう。

基本的にボディタッチされにくいメンズエステですが、全く触られないかと言えばそんな事はありません。
やはり、多少は手も伸ばしてくるでしょう。
それに対していちいち目くじらを立てる様ではいけません。
この商売はお客さんに好かれなくては話になりませんから、できるだけ許容してあげる様にしてください。

笑って許してあげる事が大切です。
ただ、限度を超えたお触りに対しては厳しく注意をしておきましょう。

コメント