指名料とプレイ料金とオプション料でバック率が一番高いのは?

未分類
Robert-Owen-Wahl / Pixabay

バック率の事について何も知らないからと言って、それで稼げなくなってしまうなんて事は無いです。
でも、知っておいた方が得なのは間違いありません。
これから求人を探す場合はもちろん、今現在どこかで働いていて、移籍先を検討している場合にも役に立ちます。

それぞれの項目毎にどういった違いがあるかを確認して行きましょう。
バック率ってそういう仕組みになっていたんだ…と、理解する事ができます。

予約されると貰えるのが指名バック

予約最初に指名バックについて説明をします。
風俗店ではお客さんが相手の女の子を指名する事になります。
特定の女の子ではなくて、その時に接客をしていない女の子の中から選ぶ事をフリー指名と言います。
これは無料になっているのが一般的で、お客さんはプレイ料金のみを支払うだけで楽しむ事ができます。

これとは別に予め予約をして楽しむ指名の方法があります。
誰々ちゃんと何時から何分のコースでお願いしますと指定をする訳です。
1回目については無料になりますが、2回目以降の予約は本指名と言って、指名料を支払わなくてはいけません。
金額で多いのは2000円です。

プレイ料金とは別に追加で2000円支払わなくてはいけなくなるので、お客さんとしてもそれなりの出費増になってしまいます。
これが皆さんの手取りとどう関係してくるかですが、この内の一定割合を頂く事ができます。
その割合がどれぐらいになるか、お分かりでしょうか?
大きく分けて2つのパターンがあって、指名バックが半分の場合と全額の場合があります。

つまり、先程の2000円のケースで考えてみると、1000円か2000円が皆さんのお財布に飛び込んでくるという形になります。
指名バックの割合で言うと、前者が50%で後者が100%ですから、その差は極めて大きいという事になるでしょう。
金額差としては1000円しか違っていませんが、割合に換算すると倍になりますから、無視をする事はできません。
本指名される事が殆んどない女の子にとっては無縁の様な存在ですが、それなりに指名される事が多い女の子にとっては重要性が高いです。

できれば、後者の100%のお店で働いておきたい所です。
この頃は店舗間の女の子獲得合戦が激しくなってきていて、少しても好待遇にしようと頑張ってくれています。
指名バック100%のお店が増えてきている訳ですが、絶対かと言えばそうではないですから、メール等で問い合わせをしておいてください。
1000円も2000円も同じような物だから、どっちでもいいかな?

なんて考え方をしてしまいがちです。
でも、こういう細かい部分にこだわっておいた方が圧倒的に稼ぎやすくなります
高齢になっても働ける風俗店が増えてきていますけど、やはり若い女の子が第一線で活躍しているという現実があります。
若いからこそ予約してもらえる訳で、その期間を無駄にしてしまってはいけません。

貰える物はしっかり貰っておく様にしておきましょう。

プレイ料金に対してのバックがメイン

回転 矢印それぞれの風俗店では60分で15000円とか、その様な料金設定がされています。

これがいわゆるプレイ料金になる訳ですが、こちらにもバックがあります。
金額的に見ると最大級ですから、これを最も重視しておかなくてはいけません。
ただ、金額的には高いですけど、割合としてはかなり低めになっています。
具体的な数値で示すと50%から70%の間といった所です。

お店によってバラツキがありますから、その違いを把握しておいてください。
70%のお店があるなら、当然そのお店を選んだ方が得だと判断されるでしょう。
それ自体は通常の感覚ですが、一筋縄には行かない事情も存在しています。
そういったお店は採用の基準が極めて高くなっていたりします。

確実に沢山のお客さんから指名される存在だからこそ、その対価として高いバック率を提供している訳です。
逆の言い方をすれば、大した魅力が無い場合はバックが50%になってしまうという事になるでしょう。
この辺りは結構シビアな面があります。
また、バック率が高かったとしても、プレイ料金自体が安い場合は皆さんの手取りも少なめになってしまいます。

仮に1時間8000円のお店があったとしましょう。
その場合、バック率が7割だったとしても5600円の収入にしかなりません。
そうなってしまうぐらいであれば、バック率は5割でも、1時間で1万5000円のお店に在籍した方がお得という事になります。
後者の場合であれば手取りで7500円ですから、同じプレイ時間でも2000円近い増収になります。

自分がそのお店で働いて、どれぐらいの手取りになるかという計算をしっかりしておかないといけません。
頭の中で大体これぐらいになるのかな?
という計算をしている女の子自体少なかったりします。
でも、これでは実際の手取りと大幅なズレが生じかねません

最初の段階でこうなるだろうと確実な予測をしておいてください。
決して難しくはありません。
小学生レベルの算数の計算ができれば、その答えを求める事は可能です。
バック率の高い低いはありますけど、金額的に見てみるとプレイ料金から発生するバックが最大ですから、それを意識しておきましょう。

ただし、働き易さという点もとても重要です。
風俗求人で検索すると何百軒以上というお店が出てくるので選ぶのが大変になってしまいますが、条件を指定する事によってある程度は絞れます。
ここなら頑張れそうかも…というお店が見つかったら、勇気を出して面接に応募してみましょう。

100%が基本のオプションバック

100パンスト破り、オナホ、イラマチオなど、数え切れない程のオプションが提供されています。
これらの値段は1000円が下限になっていて、高額になると1万円以上といった物もあります。
こういったオプションにもバックがありますから、皆さんの手取りが大幅に増加する事が期待できます。

気になるのはバック率ですが、ほぼ100%だと考えて頂いて構いません。
丸ごと自分の物になる訳ですから、指名料以上に価値があると言えます。
指名料は2000円程度ですが、これはオプションの平均単価と同じくらいです。
オプションの場合は1つだけではなくて複数同時に使用するという事ができますから、使い方次第で数千円とか、それ以上になるなんて事もあり得ます。

ですから、どちらが重要かと言われれば指名バックよりもオプションバックという事になるでしょう。
ただ、どちらかと言えばというだけで、実際はどちらも重要です。
美味しい部分は全て逃さない様にしてください。
こういったオプション類を個別に見て行くと、どうしてもやりたくない内容の物もあるでしょう。

そういう場合は止めておいても構いません
無理をしてしまって仕事そのものが嫌になってしまえば、収入の大幅な低下は避けられません。
また、もう1つ知っていただきたいのは、オプションの内容によっては自身のイメージダウンに繋がってしまう場合があるという事です。
聖水オプションなんかは、そういった物の1つですから注意しておきましょう。

聖水と聞くと何となく神聖な水の様に感じられますが、実際はそうではなくて、皆さんのオシッコの事をそのように呼んでいるだけに過ぎません。
これをお客さんに向けてかける形になる訳ですが、その行為そのものが一部のお客さんにとってマイナスに感じられてしまう懸念があります。
皆さんはアイドルではありませんけど、ある意味ではそれに近い存在ですから、自分自身のイメージを大切にしておかなくてはいけません。
これに関連して、アナル系のオプションに関してはしない様にしておいてもいいでしょう。

できるだけ沢山オプションを取り入れた方が稼ぎやすいですけど、諸刃の剣の様なもので、マイナス面がそれなりに存在している事は知っておくべきです。
過激なプレイになるほど性感染症のリスクも増大するので、そこも踏まえておいてください。
比較的楽なオプションが沢山ありますから、そういった物を中心に接客をしていくというのもアリです。

全てのバックをバランス良く見ておこう

チェックリストそれぞれのバックに対して優劣をつけるのは難しいです。
あえて言えば、全てが大切という事になるでしょう。
ですから、バランスよく見ておかなくてはいけません。

どこか一部分が優れていると、その部分に注目して評価してしまいがちですが、トータルで見てみると違う結果になってしまうなんて事はよくあります。
面倒だから適当に選びたい気持ちは分かりますが、そうする事によって後で損をしてしまうのは皆さん自身ですから気をつけないといけません。
働いてみて、そこで待遇が良くないなと思ったら移籍をする事もできます。
ですが、新しいお店で働きだすとなると、やはり慣れるまでに幾らかの時間が必要になります。

そのロスが大きいですから、できるだけ最初の段階で良さそうなお店を見つけておきましょう。
頭の中だけだと考えがまとまらない事が多いですから、紙とペンを用意してください。
各店舗を徹底的に比較して、自身が働くのに相応しいお店を見つけ出しましょう。

まとめ

お客さんが支払う指名料のバックですが、割合的には50%か100%の何れかになる事が多いです。
全額貰えるに越したことは無いですが、そもそも指名されるだけの魅力が無くてはいけないですから、自身をその段階にまで持っていかなくてはいけません。
これはかなり難しいですが、十分に実現可能なので頑張っていただきたいです。

指名バックとは違い、誰もが得られるのがプレイそのものに対するバックです。
こちらの割合についてですけど、50%から70%が多くなっています。
高い方が望ましいですが、採用のハードルそのものが高めに設定されていて、その段階で落とされてしまう可能性がかなり高いです。
高額報酬にはそれなりの条件があると考えてください。

そして最後はオプションバックです。
こちらですが、お客さんが支払ったオプション料金の全てが女の子の手取りになるのが普通です。
率だけを見ればこちらが最も高いという事になります。
ただ、お店選びの際は特定のバックばかり見ずに、総合的に判断しておくのが大切です。

コメント