目隠しをされて、いたずらされるオプションもある

未分類
Karen_Nadine / Pixabay

自由に動きが取れない状態にされて、その上でいたずらをされるというプレイが風俗では割と頻繁に行われています。
夜這いコースはその典型的な例でしょう。
この際に選択される事になるオプションとしてはアイマスクが挙げられます。

これが目隠しの役割をしますから、プレイをより盛り上げることができる訳です。
皆さんにとっても気軽に稼げるオプションの1つですから、どの様な内容なのかを知ってプレイに備えておきましょう。

拘束状態に対して興奮する男性客

手錠全ての男性がという訳ではないですけど、一定の割合で女の子を拘束する事に対して性的興奮を覚える人たちがいます。

SとMという表現が頻繁に使われる風俗業界ですが、この場合の男性はSに当てはまります。
自分自身の力によって相手を身動きの取れない状態にして、その上で性的ないたずらをしようという訳です。
相当悪質に見えますけど、風俗店で欲求を満たそうとしているくらいですから、そういう意味では善良な人たちという見方ができます。
風俗店で働いていると、こういった男性の欲求をまざまざと見せ付けられる事になります。

こんな事をしたいと考えているんだ…という事で、何となく怖くなってしまう事がありますが、こればかりは仕方がない所でしょう。
それが嫌だと感じている様であれば、風俗の仕事そのものが向いていないと言えます。
実際に表に出しているかどうかはともかくとして、欲求自体は存在している訳ですから、そういうものなんだなと理解した上で接客する様にしてください。
身体を拘束するアイテムには手枷等がありますが、これに組み合わせる形でアイマスクが用いられる事があります。

これはオプションですから、幾らかのバックを得ることができます。
その金額としては1000円か2000円と言った所ですから決して多いとは言えませんが、ただ単に使っているだけでこれだけの金額だと思えば、有り難いという見方もできるでしょう。
皆さんは横になっているだけで、これだけの金額を手にする事ができます。
目隠し状態になりますから、当然ながら周囲の様子は見ることができなくなってしまいます。

それに対して不安を感じるというのは自然な反応ですが、あくまでも風俗でのプレイですから、暗黙の了解があって安全は保証されています。
遊園地のお化け屋敷で酷い目に合わないのと同じですから、気楽に捉えるようにしてください。
ただし、表面的には警戒しているフリをしておかなくてはいけません。
この辺りの雰囲気作りが大切になってきます。

わざわざアイマスクのオプションを選択するお客さんの心理を理解しておかなくてはいけません。
空気を読むという言葉が一時期流行りましたが、皆さんに求められているのはそういった能力だと言えます。
ただ単にアイマスクを使っていればいいかと言えば、そんな簡単な話ではありません。
お客さんはそれとは別の何かを求めている訳ですから、それを察知しましょう

男性の様々な性癖について、できるだけ調べて共感ができれば理想的です。

部屋の中は暗くしておくことが多い

照明こういったプレイをする際ですが、部屋の中の照明を落としている事が多いです。

既に目隠しをしていますから、そういった事はしなくてもいいような気がしますが、これがそうでもないです。
部屋の中を真っ暗にする事によって、お客さん側の気持ちが高まっていきますから、そういうものだと理解をしておきましょう。
皆さんにとっても全く関係がないという訳ではないです。
なぜなら、アイマスクを付けていても隙間から明かりが見えてしまう事があるからです。

部屋を暗くする時にスイッチを押さなくてはいけませんが、その時はできれば皆さんが操作する様にしてください。
それが無理な場合は、お客さんに指示をしておきましょう
具体的な内容についてですが、完全に暗くせずに、僅かに明かりを付けておく様にするという感じです。
完全に真っ暗にしてしまった場合ですが、お客さんが何かにつまずきやすくなってしまいます。

こうなると安全上の問題が生じますから、最低限の明るさは確保しておいてください

まとめ

目隠しをすると周囲が見えなくなりますから、本人の恐怖感は増してしまいます。

自由に動ける範囲が限定されてしまうので、取り外したいといった所かも知れませんけど、そうしてしまうとお客さん的には面白くありません。
女の子が怯えている状態でいたずらをする事が目的ですから、それをよく理解しておきましょう。
くだらないなぁと思っていてはいけません。
そういった性癖の男性の期待に応えるのが皆さんの仕事です。

既に目隠しをしている訳ですから、部屋の中を暗くする必要性は全くない様に感じられますけど、これがそうでもなかったりします。
目隠しと言っても多少の隙間はありますから、そこから光が入ってきてしまいます。
これでは恐怖感も半減してしまうでしょう。
ですから、部屋の中はある程度暗くしておいてください

ただし、完全に暗くしてしまってはいけません。
何となく周囲の様子が分かる程度にしておくというのが基本になってきます。

コメント