バイブに慣れるためにプライベートで使ってもいい

未分類
KlausHausmann / Pixabay

風俗遊びをする男性にとって定番アイテムの1つがバイブです。
風俗嬢として働く予定があるなら、間違いなく使われると考えて頂いていいでしょう。
NGオプションに指定すれば、とりあえずしなくても済みますけど、それではお金も稼げません。

プライベートでバイブを使って、できるだけ慣れておくという事が肝心です。
他人に使われる時とは感覚が多少違いますが、使い慣れている分だけ早く適応する事ができるメリットがあります。

色々な種類が存在しているバイブ

マスターベーション言葉自体は頻繁に聞くバイブですが、種類は一種類ではありません。
自動車と言っても軽自動車からトラックまであるのと同じで、バイブにもそれぞれに違いが存在しています
小さくて小型の物から、膣内に挿入する事が可能な大きさの物もあります。
小型のローターや大型の電マを含めてバイブと称する事もありますし、それらを分類して記載している事もあります。

それについてはお店によって違いますから、オプション一覧を見ておきましょう。
これらに共通しているのは小刻みに振動するという事です。
それによって皆さんを感じさせようという狙いがあります。
自分自身の手技だけで女の子を感じさせる事ができるお客さんもいるのは確かですが、割合としてはそれ程多くありません。

そこで、機械の力を借りようという判断になる訳です。
実際、これはとても気持ち良く感じられる事が多いです。
種類によって使い方が違いますから、それもある程度は把握しておいてください。
小型のローターであればピンポイントで当ててくる感じになります。

重点的に狙われるのはクリトリスです。
皆さんもオナニーの際はこの辺りをよく刺激されているのでは無いでしょうか。
場合によっては早い段階で絶頂に達してしまう事もあるでしょう。
何となく恥ずかしい気がするかも知れませんけど、お客さんからすると皆さんがイク姿というのは価値あるものですから、隠さずにしっかりと見せつけてあげる様にしましょう

大型になってくると挿入が可能になります。
使われる場所は膣か、もしくはアナルのどちらかになるでしょう。
クリトリスに当てられるのとはまた違った快感を得ることができます。
ただ、アナルに関しては個人差が大きく、あまり感じないという女の子もいます。

この辺りは、お客さんとよく相談しておきましょう。
全く気持ち良くないのに気持ち良いフリをするというのは、お客さんとしてもあまり嬉しい行為ではありません。
それ以外の物として、挿入ができて尚且つクリトリスに刺激する事ができるタイプのバイブもあります。
2点同時責めの状態になりますから、その刺激というのは想像を絶するものです。

お客さんが選んだバイブを絶対に使わなくてはいけないかと言えばそうではないですから、自分にはちょっと無理そうだなと思ったらお断りしておいてもいいでしょう。
期待に応えるのも大切ですが、無理な物は拒否するという事も大切になってきます。

普段から使って慣れておく

布団皆さんにとって仕事場になるのは風俗店もしくはラブホテルの室内です。
ここでいきなりバイブを使われたとすると、その戸惑いはかなりの物になってしまうでしょう。
これは大変だ…という事で、この先が心配になってしまうケースは案外多いです。
そこで、そういった事態にならない様に、前もってバイブに慣れておくという事をお勧めしたいです。

普段から使い慣れていれば、プレイで使われたとしても、それほど驚かなくて済みます。
どこで購入する事ができるのかなという疑問がありますが、アダルトDVDをメインに販売しているお店がありますから、そちらに行けば購入する事ができるでしょう。
お店の人に購入する瞬間を見られるのが嫌だ…といった所でしょうけど、小さな小窓の様な物があるだけで、相手の顔を見なくても購入が可能になっていますから、その点については安心してください。
恥ずかしがり屋のお客さんが多いですから、お店側もそれなりに対応してくれています

それ以外の購入方法としてはインターネットを利用したものもあります。
こちらであれば間違いなく対面せずに買うことができますが、相手から商品を送ってもらうためには名前や住所等の個人情報を提供しなくてはいけないので、それがマイナスポイントになってしまうでしょう。
ただ、最近は匿名配送が可能になってきていますから、その場合は問題ありません
どの様な販売方法になっているかをしっかり確認しておきましょう。

使用する場所としては、自分の部屋かお風呂場のいずれかといった所になりますが、どちらかと言えばお風呂場の方がオススメです。
ここでならいくら感じて濡れてきたとしても問題にはならないからです。
ベッドの上だと溢れてきた愛液の量によってはビチョビチョになってしまう事もあります。
タオルで吸収できるなら構いませんが、この辺りは上手く対応する様にしてください

困らないなら自分の部屋でも問題はありません。
それなりに刺激が強いですから、最初は弱モードで試しておきましょう。
徐々に慣らしていくという事が大切です。
こういった道具をプライベートで使っていけば自然と身体も慣れて行きます。

かなり気持ち良くなる事がありますから、仕事場だけではなくて、普段のオナニーでも当たり前のように使い始める女の子もいます。
ただ、手マンの様な刺激だと物足りなくなってしまうデメリットもあるので、その辺りは理解しておいてください。

お店の物を借りておいてもいい

お金 日本バイブをお店で購入した場合ですが、その価格は精々数千円程度です。
5000円も出せばまともなバイブを購入する事ができますから、自費で買っておいてもいいですけど、少しでも節約をしたいと考えている女の子もいるでしょう。
その場合は、お店がストックしているバイブを借りても構いません。
こちらであれば無料ですから、数千円分の節約ができます。

ただ、数的に余裕がない場合は無理ですから、その場合は自費で買っておいてください。
借りたものですから、最終的には返しておかなくてはいけません。
その際は新品の電池に入れ替えておきましょう
そういう義務がある訳ではないですが、マナーとしてやっておく様にしてください。

ほんのちょっとの事で印象というのは変わってきます。
お客さんに好かれる事も大切ですが、お店の経営者とか店員さんに好かれれば、それなりのメリットがあります。
細かい事に気を使える女の子なら、自然と待遇も良くなっていくでしょう。

まとめ

小さい物から大きな物、細い物から太い物まで様々な種類が存在しているのがバイブです。
呼び方についてはローターとか電マなんて言われ方もします。
これらが分類されている事もありますし、全て一緒にされてバイブと呼ばれている事もあります。

この辺りについてはお店側の判断次第になってくるでしょう。
どの様なバイブをお店で使っているか、それをある程度把握しておく事が大切です。
いきなりバイブを使われた時というのは、その振動でかなり驚くことになります。
ですから、プライベートでバイブを使って慣れておくという事が肝心です。

自分の部屋か、若しくはお風呂場で楽しむようにしてください。
いきなり強モードで使うと刺激が強いですから、とりあえず弱にしておきましょう。
自分で購入しても構いませんが、少しでも節約したいならお店の物を拝借する様にしてください。
そうすれば数千円の節約になります。

コメント