生理現象であるおしっこは『聖水』と呼ばれています

未分類
3D_Maennchen / Pixabay

人間ですから、様々な生理現象があります。
この中には風俗で稼げるものも存在しています。
オプションの名前は聖水で、分かりやすい言い方をするとおしっこになります。

これを上手く活用する事によって、数千円程度の利益に繋がります。
ですから、無駄にしない様にしましょう。
プレイ時の具体的な使用方について説明しますから、こちらを読んで参考にしてください。
これからはタダでトイレに流すのが勿体ないと感じられるようになるでしょう。

排泄物がお金になるのが風俗

お金 日本おしっこはトイレでして、そのまま流してしまう物…それが一般の人たちの平均的な認識ですが、風俗ではそうではありません。
風俗ではおしっこの事を聖水と呼んでいます。

お客さんとのやりとりの中では普通に「おしっこ」と言っていますけど、オプション一覧での表記では聖水になっている事が多いです。
聖なる水ですから、いかに特別な存在であるかが分かるでしょう。
これをトイレで流してしまってはいけません。
お客さんがこのオプションを選ぶ時に掛かる金額ですが、3000円程度が多くなっています。

安過ぎず、高過ぎずといった辺りの料金設定になっています。
もっと高くてもいいのでは?
と思えるかも知れませんけど、あまり高くし過ぎると、さすがのお客さんも選んでくれなくなります。
いくらマニアだったとしても出せる金額には限りがあります

そういった事を考慮すると、これぐらいが妥当という見方ができるでしょう。
おしっこが聖水なら、うんちは何になるのかな?
といった所ですが、こちらは黄金になります。
聖水とペアのような存在ですから、それに相応しいネーミングではないでしょうか?

どちらにしても、元々の汚らしいイメージを払拭する事ができています。
もっとも利用しているお客さんからすれば、それぐらい価値がある物ですから、違和感はさほど感じないでしょう。
男性客にとっては、そういうものだという事で、すっかり定着しています。
聖水と黄金ですが、後者の黄金に関してはマニアックなお店でしか体験する事ができない場合が多いです。

具体的に言えばSM専門店になります。
さすがに、一般の風俗客にとって黄金はかなりハードルが高いと言わざるを得ません。
ですが、一方の聖水に関してはかなり身近になっていて、SM系ではない通常の風俗店でも普通にオプションで用意されている事が多いです。
ニオイもキツくないですから、抵抗感についても少なくて済みます。

最初から積極的に稼ぎたいなら、黄金についてもよく検討しておかなくてはいけませんが、いきなりそういったオプションを解禁するのはかなり難しいでしょう。
ですから、まずは手っ取り早く始める事ができそうな聖水の方で頑張ってみてください。
これでも大変でしょうけど、頑張った分だけ手取りが増える仕組みになっていますから、よく考えるようにしてください。
自宅で採尿して、ニオイを嗅いで慣れておくというのも1つのやり方です。

プレイ時の聖水の使われ方

コップお客さんがオプションで聖水を選ぶと皆さんの利益になりますが、ここで気になってしまうのは、実際にどんなプレイが行われるかという事でしょう。
受け入れられる限度を超えているとすれば、いくら高額報酬だったとしても意味がなくなってしまいます。

こちらについてですが、大きく分けて「見る」「飲む」「かける」の3つになります。
1つ目についてですが、皆さんが排尿している瞬間をお客さんが覗き込む様にして見るという物です。
尿道口から尿が出てくる瞬間を、まじまじと見る機会というのは普通に暮らしていればまずありません。
排尿そのものは生理現象ですから、とても身近ですが、他人が出す瞬間は見ないのが当たり前です。

だからこそ、男性客はその場面を見たいと考える訳です。
ある意味で羞恥プレイ的な要素もありますから、恥ずかしさにも耐えなくてはいけません。
逆に言えば、見られる事に快感を感じている女の子にとっては理想的なプレイになるでしょう。
見る以外に多いのは飲むという行為です。

おしっこの味はしょっぱいとも苦いとも言われています。
個人によって違いますし、その日の体調によっても違ってきますから、一概にこういう味だと断言する事はできません。
これを飲んでみたいというお客さんが案外多いです。
興味本位からくる場合もありますし、一度その良さを知って、それ以来癖になってしまったなんてパターンもあります。

どちらにしても目の前で尿を飲まれる事になります。
もっと過激なプレイをしたいと考えているお客さんは、そのおしっこをかけてもらいます。
尿道口から出した瞬間の物をそのまま顔めがけてかけるという感じです。
これはSM的な要素が強く、Mタイプのお客さんが好む行為の1つになっています。

中々共感する事ができない行為でしょうけど、できれば相手の気持ちを理解してあげる様にしてください。
お客さん思いの女の子の方が、指名されやすいのは間違いありません。
これらの行為に対して、何となく気持ち悪いというイメージを持たれた女の子もいらっしゃるでしょう。
それはとても自然ですが、何れにしてもオプションバックを得られる訳ですから、悪い話ではありません。

お金のためと割り切って頑張ってみましょう。
全く嫌な思いをせずに、お金だけ頂ければ理想ですけど、さすがに世の中そこまで上手い話はありません。
できるだけ妥協して、自分が嫌だなぁと思うオプションでも受け入れる様にしておいてください。

プレイ前に誤って流さない

トイレそういった使い方をする物ですから、大切に扱わないといけません。
やってしまいがちなパターンとして、トイレで流してしまうというのがあります。
尿意や便意を感じた場合にトイレに行くのは当たり前ですけど、これですとプレイの本番時に出すことができなくなってしまいますから、オプションバックを得ることもできなくなってしまいます。
もし、中途半端な状態で出してしまった場合はオプション代を返金するという事も考えておくべきです。

我慢をするのは良くないですから、トイレに行ける時は行っておくという感じで普段生活されているでしょう。
ですが、風俗店で働く場合は基本的に我慢をしておかないといけません
そうする事によって沢山溜まりますから、プレイ時で勢いよく出すことができる様になります。
こうする事によってお客さんとしても満足ができます。

量の多い少ないに関わらず料金は一定ですから、できるだけ沢山出しておいた方がお客さんもお得に感じられます

まとめ

ある人にとってはゴミであったとしても、別の人にとってはお宝になるという事があります。

鑑定番組ではお馴染みの光景になっていますが、ある意味でこれに近いのが風俗業界です。
おしっこやうんちを出すのは生理現象で、勢いのある水で流しているという方が大半でしょう。
そのままでは1円の価値にもなりませんが、風俗では聖水や黄金と呼ばれていて、それぞれ数千円程度の価値があります。
ゴミから一転して価値あるものに変わる訳です。

プレイの際に聖水がどの様に使用されるかですが、排尿の様子を見られたり、尿を直に飲んだりかけたりといった感じになります。
基本的にマニアックなお客さんが聖水のオプションを選択しますから、それを前提にしておかないといけません。
これだけの価値がある聖水、黄金ですから、プレイの前の段階でトイレに流したりしない様にしてください
そうしてしまえばお客さんがオプションを選択しても、それを実際に楽しむ事ができなくなってしまいます。

コメント