風俗バイトはオプションの数によって収入が大きく変化します

未分類
3D_Maennchen / Pixabay

これから風俗バイトを始めようと思った時に、強く意識しておきたいのがオプションの数です。
お店で用意している数が多いのと少ないのとでは収入に大きな差が付く場合があります。
また、オプションの数自体は多くても、お客さんがそれを選択してくれなくては意味がありません。

どのように収入が変化するかは皆さんの行動の仕方次第になります。
最大限の効率を得るために、どうすればいいかという事を働き始める前の段階で理解してください。

お店によって変わるオプションの数

収入男性は風俗業界に対して関心が強いですから、ジャンル等による違いをある程度把握しています。
ですけど、女の子の場合は無知に近い状態が当たり前なので、その違いをまず分かっておかなくてはいけません。
と言っても、個別に説明するとキリがないですから、大ざっぱに理解しておくという事が大切です。
基本になるプレイ料金が高くなるに従って、また、プレイの内容がマニアックになるにつれてオプションの数が増えていくと考えてください。

その様に考えておけば、まず間違いありません。
ジャンルで簡単に説明すると、手コキ専門店の様なお店はプレイ料金が安く、オプションの数も少ないのが一般的です。
一方、イメクラの様なお店はプレイ料金がそれなりに高くて、とてもマニアックですから、オプションについてもかなり豊富に取り揃えています。
稼ぎたいという思いが強いなら、できるだけオプションが多いお店を選択しておいてください。

何故オプションが多い方が稼ぎやすいかですが、お客さんが支払うオプション料金の全てが皆さんのお給料になるからです。
仮に3000円のオプションをお客さんが選んだとすれば、3000円をそのまま受け取ることができます。
一見すると当たり前の事の様に感じますが、意外とそうでもありません。
オプションではない基本になるプレイ料金の場合は、その半額程度が皆さんの手取りになります。

逆に言えば、半分はお店側に取られてしまう訳です。
皆さんが得るお給料ですが、プレイ料金、指名料金、オプション料金の3種類の合計になります。
殆んどの女の子が注目しているのはプレイ料金で、これが最も重要性が高いです。
ですが、オプションはバック率が100パーセントという事が多いですから、プレイ料金と同等とまでは言えないにしても、それに近い価値があります。

ですから、そこに注目しておいてください。
店舗サイトを見て、どの様なオプションが用意されているかをしっかり確認しておきましょう。
見ていてもよく分からない場合は、少な過ぎず多過ぎずといった辺りのお店を選んでおいてください。
最初の段階でその違いを完全に把握するのはとても難しいです。

まず、どこかのお店で働いて実際に体験してみる事によって、風俗店におけるオプションが、どの様な物なのか理解しやすくなります。
急がば回れではないですけど、考えるよりもアクションが大切になってきます。
働き先を変える時にも、それまでの経験が役に立ちます。

女の子的に楽なオプションが大半です

女性 笑顔オプションによって収入が増えるという事は大きなメリットです。
でも、それによって皆さんの接客が著しく苦しいものになってしまっては意味がありません。
実際の肉体的、精神的な負担が気になる所です。

こちらについてですけど、オプションの大半は負担の少ない楽な物だと考えてくださって構いません。
こんなに楽にお金を貰っていいのかな?
と、お客さんに対してちょっとした罪悪感を抱いてしまうレベルですから安心していただきたいです。
例えば、バイブなんかは楽なオプションの代表格です。

中に電池が内蔵されていて、スイッチを押すことによって振動するというアイテムです。
これをお客さんが使って、皆さんの乳首やクリトリスに押し当てます。
皆さんの側が何かをしなくてはいけないという訳ではなくて、お客さんが積極的に動く形になります。
極端な言い方をすれば、横になっているだけでいいですから、負担がいかに少ないかという事がお分かり頂けるでしょう。

アイマスクも楽なオプションで、こちらはただ装着するだけです。
これを着ける事によって視界を奪われる事になります。
周りが見えなくなってしまう訳ですが、この状況を好むお客さんが一定数存在しています。
身体的な自由が無くなる事に対して、強い性的興奮を覚えるという訳です。

こちらも、先程と同様に流れに身を任せているだけで構いません。
不意に触られるのが不快でなければ、お手軽にオプション料金を稼ぐ事ができます。
1回のプレイで使用できるオプションの数についてですが、特に制限はありません。
3種類でも4種類でも構いません。

先程挙げたバイブとアイマスクを2つ同時に使ったとすれば、それだけで3000円くらいになるでしょう。
プレイ料金のバックにプラスして3000円ですから、いかに大きいかが分かるはずです。
たかが3000円と軽視してしまってはいけません。
これから何人のお客さんの相手をするか、電卓で計算をしてみてください。

仮に100人を相手にするとします。
その全ての人が3000円分のオプションを使ったとすれば30万円もの金額になります。
それなりの期間働き続ける事になるとすれば、100人どころでは収まりません。
1000人以上なんて事も普通にありますから、その場合は300万円にもなります。

どんな働き方をしてもそれなりに稼げますけど、最大限効率を高めていく事が肝心です。
どうするのが最善なのかを考えて、それを実行していく様にしてください。

オプションを全て拒否してもいい

No, 拒否こういったオプションを利用するお客さんは、どちらかと言えばマニアックな方が多いです。
ねちっこいプレイになりがちですから、それが嫌だという女の子もいるでしょう。
ここで理解しておかないといけないのはオプションは義務ではないという事です。
するかしないかは皆さんの判断次第ですから、どう頑張っても無理という場合、オプションは拒否すると決めてしまっても構いません。

それによって得られる手取りは当然少なくなってしまいます。
ですが、働き易さに関して言えば大幅に向上する事になるでしょう。
これはとても大切なポイントです。
いくら沢山稼げたとしても出勤そのものが億劫になってしまったら意味がありません。

それなりの期間頑張り続けなくてはいけないとすれば、どこかで割り切るという事も大切です。
オプションの対応ができなくても、その説明はお店の人がお客さんにしてくれます。
プレイが始まる前に皆さん自身が伝える訳ではないので、その点については安心してください。

まとめ

どこのお店でもオプションの数は同じなんて事はありません。
それぞれのお店でかなり変化していますから、それを理解した上でお店を選ばなくてはいけません。
とにかく多い方が稼ぎやすそうに思えるかも知れませんけど、客層がマニアックになってしまいがちですから、必ずしもそうとは言えません。

少な過ぎず、かと言って多過ぎずといった辺りのお店を選択しておいてもいいでしょう。
以降のお店探しでは、それを基準にする事ができます。
こういったオプション類ですけど、その多くは皆さんにとって負担になるような物ではありません。
お客さんが主導で楽しむ形が多いですから、それに合わせておけば十分だったりします。

ただ、そうは言っても苦手なオプションもあるでしょう。
極端な話ですが、オプションを全てNGにするなんて事も可能です。
嫌なプレイを避ける事によって、長期で働きやすくなるメリットが生まれます。
お客さんに合わせて柔軟に変化するのも大切ですが、嫌な事はしないと決めてしまうのも一つのやり方です。

コメント