アイマスクを使ったプレイは周りが見えないので危険?

未分類
1018786 / Pixabay

アイマスクを着けて周囲を見せなくさせた上で、プレイをするという楽しみ方をするお客さんもいます。
こちらはオプションですから金銭的には非常に有り難い訳ですが、心配になってしまうのは周りが見えなくなってしまう事による事故です。
多分大丈夫という思いがある一方で、万が一の事態を心配してしまうのも無理はありません。

この辺りについて実際どの様になっているか…こちらを見ておけば、ある程度安心する事ができるでしょう。

女の子サイドは横になっているだけ

布団オプションでアイマスクを選択した場合ですが、お客さんではなくて皆さんがそれを使用する事になります。

アイマスクを実際に着けて、その後どうすればいいのかな?
という感じですが、ベッドの上で横になっているだけで構いません。
その後にお客さんが部屋の中に入ってきて、体をまさぐられたりするという感じです。
流れに身を任せるだけで良いと言えば嘘っぽく聞こえますが、実際その通りですから、そういう意味では楽だと言えます。

ですから、皆さんがアイマスクを着けた状態で周囲を歩き回るという事はまずあり得ません。
そういった場面があったとしても、お客さんが手を添えて誘導してくれるでしょうから、まずは安全だと言えます。
皆さんが何かにつまずいて転ぶとか、そういった事は考えにくいでしょう。
もちろん、アイマスクをした状態でシャワーを浴びるなんて事もありません。

その際はアイマスクを外した状態にするのが一般的です。
そういう意味での危険性は無いですが、どこからお客さんに触られるか分かりませんから、心理的な意味での負担は大きくなってしまう可能性が出てきます。
これは個人差がとても大きいですから、それによって対応を変えていくべきです。
特に問題ない場合はそのままで構いませんが、怖くて仕方がないとか、そういった感じであれば、これから先アイマスクは使わない様にしておくという事も考えておいた方がいいでしょう。

楽に稼げるイメージが定着している風俗のお仕事ですけど、やはり大変な面はあります。
その負担が許容できるレベルなのか、そうではないのかというのはかなり重要なポイントです。
実際に行われる行為と、得られるお金の両方を天秤にかける様にしてください。
アイマスクだけではなくて他のあらゆるプレイについても、そうやって比較するという事が大切です。

お金が上回っていればいいですが、負担感が重くなってしまった場合は対処しなくてはいけません。
ただ、止めるのは簡単ですから、それは最終的な手段として保留しておいて、とりあえずどうすれば続ける事ができるかという方向で考えておいた方がいいでしょう。
ほんの少し考え方を変えるだけで負担感が軽くなるという事も少なくありません。
止めてしまえば、そのプレイを希望するお客さんの取り込みができなくなってしまうかも知れません。

これから先しばらく働くなら、そういった事についても真剣に考えておく様にしてください。

お客さんから暴行される事はありません

暴力視界が奪われると危険な思いをするのではないかと不安が募ってしまいがちです。

これは人間の本能がそのようにさせる訳ですが、実際にプレイを行った際に危険な思いをした経験があるという女の子は皆無に等しいです。
お客さんはマナーを守ってくれていますから、それも当然という事になるでしょう。
本当に悪い事をしようとする人たちは、わざわざお金を支払ってまで風俗店を利用したりはしません。
一般の女の子を騙すという事が大半です。

皆さんが既にお店で働いた経験があるとすれば、それを実感されているでしょう。
これまでに、お客さんから殴られたとか、そういった被害を受けた経験はあるでしょうか?
答えは当然ないという事になるはずです。
もし、そういった暴行が行われたとすれば、それは刑事事件ですから警察に通報しなくてはいけません。

恐い思いをするとは言っても、結果的には全く怪我をしていないという客観的事実に目を向けるようにしましょう。
人間は良くも悪くも想像力が豊かな生き物です。
ですから、自分にとって都合の悪い場面を想定して勝手に不安になってしまう事があります。
でも、現実はそのようには進行しなかったというケースが大半ではないでしょうか?

自分の頭の中の想像の世界ではなく、現実に何が起きているかの方が余程重要です。
できるだけお客さんを信頼してあげる様にしてください。
世の中案外いい人たちが多いんだなぁとプレイの後に実感する事ができます。
ただ、明らかに様子がおかしいとか、異常な雰囲気が感じられた場合はプレイを止めておくという事も大切です。

安全か危険かの判断が曖昧になってしまってはいけません。
と言っても、殆んどのケースで問題はありません。
なぜなら、お客さんは前もって店員さんと対話をしているからです。
店舗型もそうですが、無店舗型であっても電話で話し合っていますから、一応の受け答えはできて、皆さんとのやりとりは可能という判断はなされています。

具体的に挙げる異常な人たちというのは、例えば薬物を使用しているとか、精神的な病気で現実と妄想の区別がつかなくなっているとか、そういった人がそれに当てはまります。
明らかに見ておかしいと感じられますから、その場合はプレイを中断するか逃げ出す等しておいてください。
閉鎖空間の中で2人っきりになっての接客ですから、最終的に自分の身を守ることができるのは自分だけです。
それについては頭の片隅に置いておく様にしましょう。

急に動かないようにしておく

注意 マーク普通に動いている分には怪我をするという事はまずあり得ない訳ですが、急な動作をした場合はその限りではありません。
例えば、横になった状態から急に上体を起こした場合、お客さんにぶつかってしまうなんていう事もあるでしょう。

ですから、何らかの理由で動くにしても、ゆっくりにしておかなくてはいけません。
そうしておけば相手の身体にゆっくり触れますから、怪我をする心配は殆どありません。
これに限らず、怪我や病気には相当注意をしておかなくてはいけません。
仮に骨折したとすれば、それだけで数週間は仕事ができなくなってしまいます。

一般の会社ですと労災保険に加入する事になりますが、風俗店というのはそういった制度が用意されていないのが普通です。
ですから、個人的にお見舞い代をくれるなんて事はあるかも知れませんが、それ以外で金銭的な保証がされるという事は原則ないです。
普段何気なくプレイしてしまいがちですが、そういった安全管理は徹底しておきましょう

まとめ

視界が奪われる事になるアイマスクを使ったプレイは危険な印象がありますが、皆さんはただベッド上で横になっているだけですから、歩いて転んでしまうなんて事はまずありません。
何らかの理由で歩かなくてはいけない場合はアイマスクを外しておきましょう。
それ以外で心配になってしまうのは、お客さんに暴行されてしまうのではないかという事ですが、犯罪的行為をする人はそもそも風俗店を利用しない傾向がありますから、ほぼ安心して頂いて構いません。

多くの心配は杞憂に終わると考えていいでしょう。
色々と良くないパターンを想定してしまいがちですけど、お客さんは割と優しい人が多いという事は理解しておいてください。
皆さんがプレイをする上で気をつけておいた方が良いポイントがあるとすれば、それは、急な動作をしない様にしておくという事です。
これをすると相手側が反応できずに体がぶつかってしまう事があります。

労災保険に加入している訳ではないですから、仕事中の怪我には注意しておきましょう。

コメント