口内発射後にゴックンをするフィニッシュは高額オプション!

未分類
istara / Pixabay

ヘルス系の風俗店では一般的にフィニッシュが口内射精になる事が多いです。
その後、精液をどのように処理するかという事が肝心になってきます。
そのまま吐き出してしまっては1円にもなりません。

ここでそれをゴックン(飲み込む)しておけば、それだけで5000円位は稼ぐ事ができる様になります。
高額オプションの1つですから、これを頭に入れておきましょう。
抵抗感が少なければ、これほど効率的に稼げるオプションもありません。

精液を飲むことをゴックンと言う

女性 喉何かを飲み込む時の表現として「ゴックン」という言い方をする事があります。
どちらかというと幼児相手に使う表現ですが、風俗店では別の意味合いでこの言葉が使われる事がよくあります。
何を飲み込むのかが気になる所ですが、ズバリお客さんの精液です。

嫌だと感じる女の子が多いでしょうけど、こちらは有料オプションになっていて、金額としては5000円程度が相場になっています。
これは多くのオプションの中でも高額の部類です。
精液を飲み込みますから、病気になりやすいのではという懸念があります。
ただ、その前の段階で口内射精されていますから、その時点でそれなりのリスクは負っています。

口の中に留まっているか、飲み下すかの違いですから、実はそれ程リスクは変わらないとも言われています。
実際の所はよく分かっていませんが、どちらの行為にしても粘膜には既に触れていますから、あまり変わらないという前提で対応しておいてもいいでしょう。
女の子にとってはともかく、お客さんにとってフィニッシュの形はとても重要度が高いです。
精液を吐き出されるというのは、それが飲み込むに値しない物だからではないでしょうか?

これではお客さんは不満を募らせてしまいます。
だからこそ、それを飲み込んで欲しいと考える訳です。
味や粘り気など、あまり良い気分がする物ではありませんけど、相応の金額が頂けますから、思い切ってトライしてみる価値はあると言えます。
ただ、人気がない女の子であれば、こういったオプションを選択してくれない可能性が高くなってしまいます。

そこで考えていただきたいのが無料でのゴックンです。
お客さんはオプションを選んでくれていませんから、そのバックは受け取ることができません。
ですが、この行為自体には5000円の価値がある訳ですから、その分だけお客さんが割安感を得ることができます。
それによって、次回また指名しようかなという思いが自然と湧き起こってきます。

損して得取れなんて言葉もありますが、風俗嬢として働く場合はそういう考え方がとても大切です。
お金が欲しいなら、少し遠回りをする様に意識してみてください。
自分が利益を得るという事は一旦端の方に置いておきましょう。
とにかく、お客さんに喜んでもらうという方向で頑張ってみると、思わぬ形で得ができる場合があります。

どうしても疑ってしまいがちですが、信じてみてください。
半年もしない内に効果を実感する事ができるでしょう。

自身のルックスを客観的に見る

鏡特に何の努力もしていないのに、お客さんが指名をしてくれるというケースもあります。
この理由ですが、元々のルックスが非常に優れているからという事が考えられます。
その場合は、フィニッシュを口内射精までにして、ゴックンについては有料のみ受け付けるとか、あるいは全くしないなんて働き方も可能です。
ただ、そこまで恵まれた容姿の女の子は割合的にとても少ないです。

全体の1割もいないというのが現実でしょう。
それでも平均的なレベルであれば、まだ選択の余地があります。
問題になってくるのは平均よりも遥かに下のレベルです。
この場合、お客さんが指名してくれない可能性が高くなってしまいますから、先程言った様なゴックンを積極的に無料でやっていかなくてはいけません。

それによって自分自身のマイナス面を幾らかカバーする事ができるでしょう。
指名しても全くメリットがないと判断されれば、お客さんから無視されるばかりになってしまいます。

まとめ

何かを飲み込む時の表現としてゴックンという言葉がありますが、風俗店においてのゴックンは精液を飲み込む事を意味しています。
オプションにゴックンがありますから、お客さんが希望であれば、そちらを選択するという形になります。
いくつかのオプションの中でもかなり高額になっていて、1回で5000円程度になっている事が多いです。
ただ単に飲み込むだけでこれだけ稼げる訳ですから、皆さんとしても美味しい話だと言えます。

一方で、やりたくないなんて女の子も大勢います。
それ自体は分からなくもないですが、ここで大切なのは自分自身のルックスです。
平均かそれ以上であれば、それなりの指名がありますから、ゴックンをしなくても何とかやっていけるでしょう。
ですが、平均以下なら本来有料のゴックンを無料でやっていくくらいでないと厳しいです。

お客さんの取り合いが熾烈な業界ですから、その中で勝ち抜こうと思ったら、それなりのサービスを提供する必要があります。

コメント