ローションやワセリンを使うとAFでの負担が軽減されます

未分類
kboyd / Pixabay

AFは割と頻繁に風俗で行われているプレイです。
それによって皆さんも金銭的な恩恵を受ける事になりますが、残念ながらいい事ばかりではありません。
アナルに負担が集中する事になりますから、これをいかに軽くするかが大切になります。

1回のプレイは難なくこなす事ができたとしても、何十回と繰り返していれば、そのダメージは蓄積されていってしまいます。
どのように対処すればいいか、こちらを読めば簡単に理解できます。

そのままでは摩擦抵抗が大きい

ローション全く対策をせずにAFを行うこともできます。
ただ、この場合は摩擦抵抗が大きくなり過ぎてしまうデメリットがあります。
ペニスを入れると言えば膣内がお馴染みですが、こちらは膣分泌液(愛液)が一定量出ていますから、それが潤滑油の役割を果たしてくれます。
性的な快感が高まると、その量も増してくるので、よりスムーズに挿入を行うことができます。

これによって怪我を負うリスクは確実に低下していきます。
ですが、AFの場合は愛液が出てくるという事がありません。
腸壁そのものは粘液がありますから、全く入れることができないという事は無いですが、その量は決して多いとは言えませんから、その分だけ難しくなってしまいます。
何の対策もせずに行為を進めていけば、それなりの傷を負ってしまう事になるでしょう。

単に痛みが生じるだけではなく、性病にもなりやすくなってしまうので、あまりにもマイナスが大き過ぎると言わざるを得ません。
その相手が彼氏であれば自身の身体が回復するまで待ってもらえばいいだけです。
ですが、仕事としてやっているという事を考慮すると、長期間休み続けるのは現実的ではありません。
仮に1ヶ月間休み続けたとすれば、数十万円程度の手取りを逃してしまったという事になります。

怪我による休日をいかに少なくするかが大切になってきます。
競馬の世界で「無事これ名馬」なんて言葉がありますが、これはそのまま風俗嬢にも当てはまります。
この言葉は能力的には優れていなくても、怪我をしない事が名馬の条件であるという意味です。
皆さんも休まずに働き続けるという事を1つの目標として掲げておく様にしてください。

ただ、休日そのものを全て無くす必要はありません。
生理休暇はもちろんですし、単なる楽しみとしての休日も確保しておきましょう。
全く休みなく働き続ける事もできなくは無いですが、ストレスが溜まってしまって仕事に支障が生じる可能性もあります。
短期間の出稼ぎであれば、休みをゼロにして頑張り続けるという事も可能です。

短距離走の様な感覚ですが、半年とか1年以上働き続けるなら、やはり定期的に休みを取っておいた方が良いでしょう。
ただ、これも簡単ではありません。
休みの日を自由に設定する事ができるため、つい休日の割合を多くしてしまいがちだからです。
1ヶ月に休める日数の限度を設けておく等して、出勤日数とのバランスをしっかり取っておく様にしてください。

ローションやワセリンを使用する

ローション何の対策もしないままAFをすると皆さんの身体に傷が付きやすくなってしまいます。
このままでは継続して働くのが難しくなってしまいますから、前もっての対策が必要になります。

その具体的な方法としてオススメしたいのはローションやワセリンを使うというものです。
2種類ありますが、成分に違いがあるだけで基本的な効果に関しては同じと考えてください。
ヌルヌルとした粘り気があって、膣分泌液に似た感触がするのが特徴です。
どちらも同じような感触だったら、どちらかに統一すればいいのでは?

と考える方もいらっしゃるでしょう。
ただ、これは相性があります。
自分自身の肌質に合うか合わないかというのがあるので、それによって使い分けをする様にしてください。
ローションが苦手だという人も少なからずいます。

その場合はワセリンを使う様にしておくといいでしょう。
割合としてはローションを使用する人が多いですが、ワセリン派の人もいます。
具体的な使用方法ですけど、自分自身のアナル及びその周辺に塗り込むようにしてください。
お客さんのペニスにも塗っておけば万全です。

部分的にしか付着していなかったとしても、擦れ合っている内に自然と広がっていきますから、そこまで心配しなくても大丈夫です。
ただ、念のために満遍なく付けておいた方が良いという考え方もあるでしょう。
備えあれば憂い無しという訳です。
ここまで入念にやっておけばまず問題ありません。

これを使用する事によって、絶対に傷が付かないと言い切ることはできません。
ただ、そのリスクを限りなくゼロに近づける事はできます。
ですから、AFをする際は絶対に使用する様にしておいてください。
膣分泌液が多い体質であればそれで代用する事もできますが、お客さん相手では簡単には濡れないという女の子が多いです。

性的な意味でお客さんの事を好きな訳ではありませんから、体が反応しなくても、それ自体は仕方がありません。
ローション等を使用する際ですが、露骨に使う場面を見せるのはよくありません。
あくまでもさりげなく使ってあげる様にしてください。
理想は膣分泌液を使ったプレイですが、それができないので代わりに使っているに過ぎません。

短時間で手っ取り早く済ませる様にしましょう。
ほんのちょっとの気づかいですが、こういった事ができているとお客さんから好かれやすいです。
これもまたプロの風俗嬢のテクニックの1つだと言えます。

AFは本番行為の代わりという側面がある

お尻考えてみれば、アナルにペニスを挿入するというのは不思議な話です。
便を排出するためにあるにも関わらず、そこに入れる訳ですから、そう思うのも当然でしょう。
こちらですが、単にAFを楽しみたいというお客さんもいますが、それ以外のパターンとして、本番行為の代用として楽しんでいるというケースが多いです。

多くの風俗店ではペニスを膣内に挿入する行為が禁止されています。
もし、やってしまった場合は取り締まりの対象になってしまいます。
密室の中で行われている行為ですから、実際に本番をしたからといって逮捕に至る例はそれ程多くありません。
しかし、やはり気分的には良くないでしょう

その点、AFは法的な問題が全くないです。
思い切って堂々とする事ができますから、お客さんとしても重宝しているといった所です。
膣とは別物という意見もあります。
確かにその通りですが、感触的には似ているので射精を楽しむには十分という訳です。

ソープで膣内に挿入するケースもありますが、この時も中出しをするかしないかの違いがあります。
お店の方針もありますし、女の子個人の判断によっても変わってきます。
ただ、AFの場合は基本的に中出しされると考えてください。
アナルにいくら精液を出されたとしても妊娠する心配はありませんから、お客さんとしても安心して出し切ることができます。

皆さんも、しっかり中で受け止めてあげる様にしてください。
その精液をどうやって後始末するかですが、お風呂場やトイレで出し切るというのが一般的です。
元々、精液の量は少ないです。
スプーン一杯あるかないかといった程度ですから、そのままにしておいてもどうにかなってしまう事が多いです。

ただ、やはり漏れ出す心配がありますから、出せるものは出しておいた方が良いでしょう。
次のお客さんが控えているとすれば絶対にそうしておくべきです。
そうしないとAF時に不快な思いをさせてしまいます。
いよいよ射精するというタイミングが分かった場合ですが、できるだけ奥深くに挿入した状態で出すことを心がけてください。

皆さん側からお尻を突き出しておいてもいいでしょう。
そうする事によってより深い挿入感を味わってもらう事ができます。
単に精液を出せばそれでいいかというと、そんな単純な話ではありません。
これは男性ならではの感覚ですから、皆さんも強く意識しておきましょう。

接客では少しでも気持ち良くさせるという事がポイントになってきます。

予め拡張しておいてもいい

お尻怪我の予防のためにできることは他にもあります。

アナルの入口部分を、できるだけ拡張しておくというのもその1つです。
そんな事ができるのかな?
という疑問もありますが、それ自体はかなり簡単にできます。
実際、切れ痔の治療でもお医者さんがアナルの拡張をする事があります。

そのやり方ですが、単純に指で押し広げる様にするだけです。
たったこれだけの事をするだけで、アナルの幅が確実に広がっていきます。
片方の指だけではなくて、両方の指を上手く使って均等に押し広げるようにしましょう。
一本だけでやると、そこに変に力が加わってしまって傷が付く可能性もあります。

広げるにしても慎重になっておかなくてはいけない訳です。
狭い場所にペニスを入れるよりも、それなりに広い方が怪我をしにくくなるというのは簡単に想像できるでしょう。
ローションだけでも十分ですが、心配性の方であれば、こういった対策をしておいても構いません。

まとめ

サービス精神が旺盛な女の子なら、いきなりお客さんのペニスをアナルに受け入れるなんて事もあるかも知れませんが、これは摩擦抵抗が大きく、傷が付いてしまう可能性が高くなります。
こうなってしまってはいけませんから、何らかの対策をとらざるを得ません。
その方法として一般的に行われているのが、ローション或いはワセリンを使用するというものです。

これが潤滑油の役割を果たしますから、アナルや直腸に傷が付きにくくなります。
アナルの内部にペニスを入れるというのは、一見すると違和感のある行為です。
マニアックなお客さんが楽しみにしているという面はありますが、それ以外に本番行為ができないので、その代わりとして楽しんでいるというお客さんの割合が多いです。
ローション等を使えばほぼ安全ですが、念のために予め拡張しておいてもいいでしょう。

両手の指を上手に使って押し広げることによって、アナルの穴そのものを広げることが可能です。

コメント