基本になるプレイ料金のバックにオプションを追加すれば稼げる

未分類
stux / Pixabay

プレイ料金のバックは風俗店で働く際のもっとも基本になる収入の1つです。
これが無くてはどうしようもありませんが、その次に注目しなくてはいけないのがオプションです。
これをいかに追加してもらうかが鍵になってくるでしょう。

一般の会社におけるボーナスの様な存在ですから、これがあるのと無いのとでは結果が全く違ったものになります。
1年間働き続けた時に、オプションの有無で100万単位の差が出てくるという事も珍しくありません。

プレイ料金が高いお店を選ぶのが基本

金オプションが大切なのは言うまでもないです。
でも、それよりも重要なのは基本料金がいくらになっているかです。
これが一番重視しなくてはいけないポイントと言って間違いありません。
ここで大切なのは、1分あたりいくらになっているかという事でしょう。

いわゆる格安店であったとしても、プレイの時間が長くなるに伴って料金の方も上がっていく仕組みになっています。
平均値を求めることによって、客観的に違いを把握できます。
プレイ料金が1時間で1万円のお店なら、10000÷60という計算で1分間がいくらなのかが弾き出されます。
それによると約166円という事が分かります。

この数字が大きければ大きいほどプレイ料金が高いという事になりますから、いくつか比較して条件の良いお店を選んでおいてください。
180円とか190円のお店も当然ながらあります。
たった10円か20円の差しかないと考えるかも知れませんが、それに60なり120という時間をかけると馬鹿にする事のできない金額になります。
ただ、難しいのはプレイ料金が高くなるにつれて採用率が下がってしまうという事です。

当たり前ですけど、安いプレイ料金のお店の方が採用されやすいのは間違いありません。
それと逆に高くなればなるほど採用されにくくなっていきます。
これは女の子の外見や接客スキル等についてお店側が評価して決まります。
結果が最初から予測できるかと言えばそうではありません。

面接を受けなければ、どうなるか分からないという事が大半です。
多分無理な気がする…というお店であっても、とりあえず面接を受けておいてもいいでしょう。
不採用になったからと言って面接代を請求される訳ではありません。
どれだけ魅力が無かったとしても面接そのものは無料ですから、気軽に受けていただきたいです。

見た目が一定レベルでないと評価されても、本人のやる気次第では採用になる可能性もあります。
皆さん側からすると失うものは無いですから、そういう意味ではやり易いと言えます。
プレイ料金の内、その半分程度は皆さんの収入になります。
場合によってはそれ以上という事もありますが、その下限は5割と考えて頂いて構いません。

これが皆さんにとっての基本の収入ですから、ある程度計算しておくといいでしょう。
平均は6割程度ですけど、多めに貰えるという前提で計算して実際に得られる金額が違っているとガッカリしてしまいますから、条件を落として計算してください。
これぐらいは大丈夫だろうという大体の金額を把握しておきましょう。

オプションはトッピングに似ている

カレーライスプレイ料金のバックか基本給だとすれば、オプションはボーナスの様な存在です。
厳密にはそうではありませんけど、分かりやすく言えばその様な例えになります。
このオプションをいかに増やしていくかが大切ですが、この重要性を理解するためにトッピングを意識していただきたいです。

皆さんも普段、外食する時に様々な物を食べているでしょうけど、その際、トッピングを利用する事ができるメニューが存在しています。
ベースになる物があって、それに追加する形で注文をします。
代表的なのはピザでしょう。
コーン、ソーセージ、サラミ、チキンなど挙げればキリがありません。

それによって皆さんとしても美味しいピザを食べることができる訳ですが、トッピングは実はお店側にとってとても利益率が高い注文の仕方です。
ほんのちょっとの具材を乗せるだけで200円とか300円が加算されるので、ドンドントッピングをして欲しいというのがお店側の本音です。
風俗の仕事では当然ながら食材を扱ったりはしません。
ですから、トッピングとは全く無縁の様に見えますが、その代わりに存在しているのがオプションになります。

ローション1つで2000円、ゴックン1回5000円といった感じになっていて、お客さんが複数選択する何て事もできます。
宅配ピザで比較的単価の高いものであったとしても5000円には届かないでしょうから、それからすると1つで5000円にもなるオプションが存在するのは破格という見方もできます。
この業界で働いていると、1000円とか2000円という金額がほんの僅かに感じられてしまいます。
日給で数万円くらい得られますから、それを基準に考えてみれば確かに多くはありません。

でも、その基準を一般の人の日給に置き換えてみると全く変わってきます。
仮に1000円稼ごうと思えば最低1時間は必要としてしまうでしょう。
それが世の中の一般的な人たちの感覚です。
自分が信じられない程の高収入を得ているという現実を忘れないでください。

稼げている内はどうしても危機感が低くなってしまいがちです。
ですが、この業界はいつ働けなくなるか分かりません。
突然何らかの性病になってしまうという事もあり得るでしょう。
その状態で出勤させる訳には行かないですから、当然その間は無収入になってしまいます。

早い段階でお店を辞めざるを得なくなってしまった場合はバイトを見つけなくてはいけません。
もし、不測の事態に陥っても、いくらでも生活できるだけのお金を貯めておきましょう。

ネットを利用してアピールする

ブログそれぞれのオプションによって可否を決める事ができる様になっています。
この情報についてはネット上にも記載される事が多いですが、絶対にそうしている訳でもなかったりします。
そういう場合はできるだけ、オプションについてアピールしておいた方がいいでしょう。
例えば「アナルファックできます!」という感じでブログに書いておく訳です。

それを見たお客さんが、それならという理由でオプションを選択してくれる可能性が高まります。
AFが好きなお客さんだったら、こちら側から何かしなくても、自然と「AFがしたい」と言ってくるのではないかと考える女の子もいるでしょう。
ここで大切なのはオプションを使うかどうか、それを考える時間的猶予をお客さんに与えるという事です。
いざ、女の子を指名するという段階になった時に即断即決するのは実はとても難しいです。

それを前もって知っておけば、AFを利用するかどうか、しばらくの間考え続ける事ができます。
AFについては不潔だからやりたくないという女の子もいます。
もちろん、それに限定しないといけないなんて事は無いです。
ローションプレイでもピンクローターでも、とにかく何でも構いません。

大切なのは、それができますという事実をネット上に書いておくという事です。
何でもそうですけど、言わなければ相手には伝わりません。
黙っていれば、できないという前提でお客さん側が考えてしまう事があるので注意が必要です。
そこまでお金に執着していなければ、そういったアピールも無用です。

ですが、風俗店で働きたがる女の子というのは基本的にはお金に対する執着が人一倍強いことが多いです。
皆さん自身そうではないでしょうか?
時間をかけて普通のバイトで稼ぐ事もやろうと思えばできなくは無いはずです。
その様な状況であえて風俗店を働き先にしている訳ですから、それを忘れないでください。

お金に繋がることについては積極的になっておくべきです。
他の在籍の女の子を見てみると、特にアピールしている様子が感じられない…なんて事もあるでしょう。
でも、そんな事は関係ありません。
むしろ、その様な状況になっているとすれば、自分にとっては好都合です。

人がやっていない事をするという事がお金を稼ぐ上では大切になってきます。
同じ事をやっていれば同じ程度の成果しか挙げることはできません。
毎日でなくても、たまにはオプションについて日記に書いておく様にしてください。

お金持ちのお客さんを選んで接客する

金持ちお客さんを大きく分類すると、お金に余裕のある人と無い人に分けることができます。
どちらであってもお金を支払ってくれていますから、皆さんが接客をする際に差別をする様な事があってはいけません。
ですが、オプションの追加利用という観点で考えてみると、圧倒的にお金持ちのお客さんの方が皆さんにとって都合がいい存在です。

金銭的余裕のない人は少しでも安くプレイしたいという気持ちが強いですから、オプションを無しにする傾向があります。
一時的に奮発してオプションを選ぶという事があるにしても、元々の資金力が乏しいですから、それを長く続ける事ができません。
その点、お金持ちであればどの様になる事が予測できるでしょうか?
仮に年収1億円のお客さんだったとしましょう。

そうすればオプションの数が5個でも10個でも負担感はそれ程変わりません。
お金を稼ぎたいなら、そういったお金持ちの相手をしなくてはいけません。
こちらからお客さんを選ぶ事を躊躇しないでください。
どうやって選別するかですが、フリーでも予約でも構わないので、お客さんがどういったオプションを選択しているかチェックしてください。

数や金額と共に名前を記録しておきましょう。
そうすると、お客さんのランキングができあがります。
上位のお客さんから予約の電話が掛かってきた場合、その人たちを優先すれば稼ぎやすくなります。
同じ時間帯に予約の電話をしてきても、誰のために枠を用意するかは皆さんの判断次第です。

お得意様ではないお客さんから予約の電話があった場合は、枠が埋まっている等の理由でお断りをします。
もちろん電話の対応は店員さんがしますから、皆さん自身が直接やりとりする必要は無いです。
こういう方針で予約客で埋めてもらいたいと伝えておくだけで十分です。
何となく他のお客さんに悪いなぁと感じるかも知れませんけど、ドライになった方が稼げますから、お金を重視しているなら是非そのやり方で頑張っていただきたいです。

ただ、これはそれなりに人気のある女の子でなければ成立しない稼ぎ方です。
殆んどの女の子は予約される機会そのものが少ないです。
なので、まずはオプションの有無とは関係なく予約枠が埋まるくらいの人気を獲得する様にしてください。
それが一通りできる様になったら、そこからは選んでいきましょう。

プレイ時間が同じだったとしても、数千円程度の手取り額の違いが生じることもあります。

お客さんに満足してもらわないといけない

Ok, Goodオプションを沢山使ってくれる常連のお客さんの確保はとても大切です。

そこで意識しないといけないのは、満足度をいかに高めるかという事でしょう。
効率よく稼ぐという事ばかり意識が向いてしまって、お客さんに満足してもらおうという気持ちが薄れてしまいがちな女の子が多いです。
お客さんを気持ち良くさせるのが風俗の基本ですから、それを前提にして接客してください。
これが上手くできていなければお客さん離れに繋がってしまいます。

これまで定期的に指名をしてくれたお客さんが、いつからか連絡が取れなくなってしまう事があります。
最近サービスが悪くなってきているから…なんて本音を教えてくれたりはしません。
そんな事を言ったら女の子に失礼だからです。
去っていく時というのは無言が一般的ですから、そうならない様にしましょう。

他の女の子よりも魅力的な存在でなければいけません。
自分自身をできるだけ向上させていくという事を忘れないでください。

まとめ

風俗求人でオプションに注目する前に、まずはプレイ料金を見なくてはいけません。
これが高額であればある程皆さんにとって稼ぎやすいからです。
いわゆる高級店になると採用率が著しく下がってしまいますから、どれぐらいのランクのお店で働くべきかというのは難しい決断です。
自分のルックス等を考慮した上で決めてください。

そして、肝心のオプションですが、これは食べ物におけるトッピングによく似ています。
ほんの少しの具材を追加するだけで大幅な利益向上に繋がるので、お店側としても重宝しています。
風俗におけるトッピング的存在はオプションですから、これをお客さんに利用してもらう事が肝心です。
せっかくネットで日記を書く訳ですから、そこにオプションに関連する話題を書いておいてもいいでしょう。

オプション代を惜しまない、お金持ちのお客さんが見てくれるかも知れません。
そういったお客さんを選ぶことができればベストです。
ただ、根本的な部分で満足してもらう必要があります。
その基本ができていなければ、お客さんが離れていくのは時間の問題です。

コメント