風俗店の中でもファッションヘルスはオプションの数が多い

未分類
geralt / Pixabay

どこの風俗店でもオプションの数が同じになっているという訳ではありません。
ジャンルによって少なかったり多かったりします。
その中でもファッションヘルスはオプションが充実している傾向があります。

どうしてその様になっているのでしょうか?
皆さんが働く上で稼げるかどうかは最重要ポイントの1つです。
どんな風俗で働いたとしても結果は同じなんて事はありません。
自分に適したお店を探すという事を意識しておいてください。

ジャンルの性質上オプションが多くなる

オプション風俗の中で比較的知名度が高いのがソープです。
料金的にもそれなりに高額ですから、多種多様なオプションが用意されているだろうと考える方もいるでしょう。

でも、これが意外とそうでもなかったりします。
ソープはエアマットを使用する時間が長くなっています。
これがメインの存在ですから、どうしてもその他の小道具類を使う場面が少なくなってしまいます。
そのため、オプションは脇役的存在になっているという感じです。

ソープとは対照的なライト系の風俗も存在しています。
ピンサロとか手コキ系のお店がそれに当たる訳ですが、こちらは全体的にプレイ時間が短めに設定されていて、とりあえず射精できればいいというお客さんが来店する事が多いです。
そのため、オプションを使っている時間的な余裕がない事が多く、そもそものオプション数自体が少なめになっている事が多いです。
そういったジャンル毎の違いをしっかり把握しておかなくてはいけません。

その点、ファッションヘルスはそうではありません。
マットプレイが行われないお店が多いですし、プレイ時間そのものもそれなりの長さが確保されていますから、オプションを使うだけの時間的な余裕が十分にあります。
そういった理由があって、各ジャンルの中で最もオプションが充実していると言えます。
足コキ、聖水、AFなど様々ありますから、自分でもできそうなオプションがあるお店で働くようにしておいてください。

ちなみにファッションヘルスの「ファッション」ですが、特に深い意味はありません。
ファッションというくらいだからコスプレでもするのかな?
という気がしますけど、そういった風俗はイメクラと言って、ファッションヘルスとは別ジャンルになります。
元々ネガティブな印象が強かった風俗業界に対して爽やかさを感じてもらうために、1980年代の初め頃から使われる様になったとされています。

それまでメインになっていた風俗のジャンルはソープランド(トルコ風呂)でしたが、その頃から風俗業界の勢力図が大きく変わって行きました。
1990年代の後半にデリヘルが流行り出すまでの間、ファッションヘルスが代表的な風俗として扱われていたと言えます。
現在はかつて程の勢いはありませんが、安定した集客があります。
同じヘルスとは言えデリヘルは派遣型ですから、どうしてもオプションの種類に限界があります。

ファッションヘルスの強みを活かすようにしましょう。

オプションの数を確認しておこう

口 女性ファッションヘルスだから、無条件でオプションの数が多いと決めつけてしまってはいけません。

それぞれの風俗店によって、オプションに対する考え方は違っています。
求人サイトの方を見ても、オプションの数が幾つという記載はされていないのが当たり前です。
なので、店舗の公式サイトの方を見て、どの様なオプションが用意されているか、その数をしっかりカウントしておいてください。
そうしておけば失敗せずに済みます。

また、数だけではなくて、その内容も見ておく様にしましょう。
いくら数が多かったとしても、自分ができそうもない様なオプションであれば何の意味もないという事になります。
オプション類は割とマニアックなお客さんが利用する事が多いですから、それを前提にしておかないといけません。
基本のファッションヘルスの接客の流れがありますが、それとは別の展開になる事が多いです。

そういった事もしっかり頭に入れておいてください。

まとめ

風俗と言えばソープランドが有名です。

オプションの数も相当用意されている気がしますが、意外とそうでもなかったりします。
ソープはマットプレイがメインの存在になっていて、オプションを使う機会が限定されるからです。
それ以外にピンサロ等のいわゆるライト系風俗がありますが、こちらは全体的にプレイ料金が安く、その時間も短くなっている事が多いです。
そうなると、オプションを使っている暇もないという事になります。

その点、ファッションヘルスはマットを使わない事が多いだけでなく、プレイ時間もそれなりに確保されています。
ですから、比較的オプションを使いやすい環境になっていると言えます。
とは言え、風俗店によってオプションの数は違っています。
多いに越したことはありませんから、公式サイトを見て数を数えておいてください。

それと同時に内容も見ておきましょう。
SM要素の強いお店だと、過激な内容のオプションが多くなりがちですから注意が必要です。

コメント